大腸がんは日本人に多い|体調がおかしいなと感じたらすぐに検査を

看護師

日本で急増しているがん

医者

社会の高齢化、食の欧米化

大腸は食物の消化吸収されなかった部分などから水分を再吸収し大便にして体外に排出するための器官です。盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸、肛門に分かれています。ここに発生した悪性腫瘍を大腸がんといいます。大腸がんは近年日本で急増しているがんのひとつで、食生活の欧米化、社会の高齢化が背景にあると考えられます。日本人ではS状結腸と直腸に多いと言われています。初期症状はほとんどありません。特に肛門から離れた部分のがんであるほど気づきにくくなります。最初に現われてくる症状は便に血液が混じることですが、肛門から遠いほど大便は液状に近く、出血していたとしても大便の中に混じってしまって外見からはわかりにくく、腫瘍が大きくなって便の通り道を狭くするようになっても、便が液状ならば、通過を邪魔されること無く通り過ぎてしまいやすいのです。

便潜血反応で早期発見可能

ある程度進行してくると、血便、下痢と便秘を繰り返す、便が細くなる、残便感、腹痛、腹部のしこりなどが現われ、体重減少、貧血なども見られるようになります。大腸がんの早期発見に関しては、便に血液が混じっているかどうかを調べる便潜血反応検査が有効だとされ、大腸がん検診がおこなわれています。早期に発見できれば治癒の可能性は高まります。大腸がんの治療は内視鏡や腹腔鏡を使った手術、開腹手術、放射線療法、化学療法を組み合わせておこなわれます。これらは大腸がんの病気の進行度合いによってさまざまなケースが考えられます。最も早期の大腸がんであれば内視鏡手術で済みます。肛門を切除して肛門括約筋を失った場合は、腹部に人工肛門を造りそこから排便できるようにします。

再発認定には数年かかる

窓

転移がんはがんがリンパ節や血液に乗って他の部位に移ることです。血液が集まっている臓器などに発症すると転移しやすくなります。その例が肝臓がんです。転移すると根治する見込みは少なくなります。そのため少しでも進行を遅らせることが最大の治療法となります。

Read

肺にもたらされる病

患者

肺がんは、息切れや息苦しさといった呼吸器官へ異常が見られる病気です。少しでもそのような症状が出た場合は病院で検査を受け、早期発見、治療を行うことが重要です。症状の進行度合いによって、どのような治療法を選択するかが変わってくるため、自分の肺がんの状態をよく知り、適切な治療を受けることが大切と言えます。

Read