大腸がんは日本人に多い|体調がおかしいなと感じたらすぐに検査を

hospital

大腸にできるガンとは

男性

自覚症状のない病気

大腸がんは自覚症状がない病気で、ある程度病気が進行して出血しても便の中に混じっているので気づかなかったりします。そのため、かなり症状が進行してから発見されることが多くなる病気です。また、そのほかの主な症状も下痢や便秘、腹痛などで重大な病気が原因だとは気づかれにくいものばかりです。これを見過ごして病気がかなり進行すると、出血がひどくなり貧血を起こしたり腫瘍が肥大化したため便が詰まって腸閉塞になったりします。このため突然に激しい痛みや嘔吐などが起こることがあります。大腸がんは、発見された時にはかなり進行している場合が多いので、日頃から毎日の排便などを注意して観察することも必要です。それに、便秘や下痢が続くようならクリニックで検査をしてもらいましょう。

出血に注意しよう

大腸がんは、肛門に近い場所ほど発見しやすくなります。大腸の上部の結腸にできた場合は、血液が液状になるため便に混じってわかりにくくなります。これが、下部の結腸にできた場合は、血液が固形になって出てくるため出血に気づきやすくなります。大腸がんは、痛みなどの自覚症状がないので、肺や肝臓、骨などに転移してからの痛みで発見されることが多くなります。早期に発見するには、体や便の異常に気づいたら早めに受診することが求められます。また、血便も痔と間違われる場合が多いのですが比べてみると明らかに違います。痔の場合は、真っ赤な血で水っぽい特徴をしています。大腸がんの出血は、どす黒い血でねっとりしたものが出てくるのが特徴です。