大腸がんは日本人に多い|体調がおかしいなと感じたらすぐに検査を

hospital

肺にもたらされる病

患者

肺は、人間が呼吸をするのに必要な大切な器官です。口から吸い込んだ空気は左右の肺へと送られ、酸素と二酸化炭素に分けられます。酸素は体内に取りこまれ、二酸化炭素は体外へと吐き出されます。この空気の中身を仕分けている器官が肺であり、肺がんとは、肺の器官や肺胞と呼ばれる小さな袋のような器官が悪性なものに侵されてしまった状態のことです。肺がんが進行すると、肺そのものだけでなく周りの組織までをも破壊し、血液の流れに沿って体全体へと広がっていってしまいます。肺がんになってしまう原因は、加齢や不規則な生活など様々ですが、最も多い原因とされているのがタバコです。タバコを慢性的に吸っている人は肺が汚され肺がんのリスクが高まると言われているため、注意が必要です。

肺がんになってしまった場合の自覚症状として、呼吸器官の異常というものがあります。具体的には、息切れや息苦しさを感じたり、痰や胸の痛みなどが現れます。しかし肺がんになった早期は症状が出にくく、風邪などと勘違いしてしまう場合も多く発見が遅れてしまうこともあります。病状が進行してしまうと、症状も治りも悪くなってしまう可能性が高いため、少しでも呼吸器官に異常を感じた場合はすぐに病院へ行き、適切な検査を受けることをオススメします。また治療法については、医師との相談の元自分に合ったものを選ぶことが重要です。抗がん剤や放射能治療、場合によっては手術を受けなくてはならない場合もあるため、進行状況をきちんと理解した上で選択することが大切です。